風邪が原因で歯が痛くなる場合

[スポンサード リンク]

風邪と言うものは体全体に症状があらわれる疾患で、風邪をひくと体の免疫力や体力が低下していきます。その為、普段の状態なら気がつかないような病気がひょっこりと顔をのぞかせる事があります。

風邪をひいて歯痛になると言う事は、その辺りに何かの病原菌がある可能性が高いのです。

多くの方は風邪が治まると同時に歯痛も治まっていきますので、なんとなく大丈夫と思ってほったらかしにしているのではないでしょうか?しかし、やはりそれでは歯痛の根本的な治療にはなっていませんので、歯科検診される事をオススメします。

風邪の概要

症状

主な症状は、咳、のどの痛み、鼻水、鼻づまり、頭痛、発熱などがあります。

治療法

基本的には安静第一で眠る事が良いとされていますが、症状に見合った漢方や風邪薬を服用する事で、体調が少し楽になります。

感染経路

感染経路は、空気感染、飛沫(ひまつ)感染、接所感染の3種類です。人のたくさん集まるような場所や、風邪をひいている人の近くにいる事で感染しやすくなります。

予防法

風邪の予防には、うがい・手洗い、マスクの着用、のどの保湿、日々の健康的な食生活、適度な運動などが有効です。

今はたちの悪いインフルエンザなども流行っていますので、特にうがい・手洗いは習慣づけておきましょう。人ごみの中ではマスクはとても役立ちますので、常備品として持っておくのが望ましいです。

こまめに水分補給をして、のどの保湿を保つようにしましょう。十分な栄養を補給出来るような食生活も重要です。

社会人になると運動をする機会が少なくなりがちですが、そこをなんとかして体力づくりの時間を作って健康的な運動をするようにしていきましょう。


スポンサード リンク