歯痛の症状

[スポンサード リンク]

歯が痛くなる事自体が歯痛の主な症状なのですが、痛みがすぐに消えたり長時間持続したり、グワングワンと言う痛みだったりズキーンと言う突き抜けるような痛みだったりと、その度合いは様々です。

体が元気な時は体が本来持っている免疫力で菌の活動が抑えられているのですが、風邪などの全身疾患になってしまうと免疫力が低下し、今までは静かだった菌が活発に活動を始める為、歯の周辺でもトラブルが起こってしまうのです。

痛みが軽いほど症状も軽いものですが、油断して治療をせずにいると、何かの拍子に痛みが爆発することもよくあります。

歯痛の症状を調査

インターネットを使って「歯の痛み」を調査したところ、色々な痛み方がある事が分かりました。

調査内容を以下にまとめましたのでご覧ください。

  • 飲み物を飲むだけで涙が出る。
  • ものを噛むたびに激痛が走る。
  • 痛みの波があって何もしていなくても痛くなる。
  • 一晩中ベッドでのたうちまわる。
  • 虫歯の部分が心臓のようにドクドクと脈打つ。
  • あまりにも痛過ぎて気絶。

こうなるまでなぜ放っておくのか?という疑問がありますが、どうやら歯科での治療が痛そうだから治さないという理由からのようです。

しかし、歯医者さんが治療を施す際には麻酔などを使いますので、いくら痛いと言ってもそれなりに我慢できるものです。

歯科に行く前は怖いかもしれませんが、一旦治療を始めてしまえば体は慣れてきますので、なるべく早めに治療を行うようにしましょう。


スポンサード リンク