虫歯治療後の歯痛の原因

[スポンサード リンク]

虫歯を治療したのに治療前よりも痛みがひどくなっているという話は少なくありません。

その原因としては、

  • 実は虫歯がまだ残っていた。
  • 神経まで達していないかと思っていたら神経もやられていた。
  • 治療後の被せものが合わなかった。
  • 一時的な痛み。

などが考えられます。

治療後に虫歯がまだ残っていた場合の歯痛

歯の中心には歯髄と呼ばれる神経や血管が集まった場所があるのですが、そこが菌に感染すると歯にとってはかなりダメージが大きい為、虫歯を治療する際には歯髄が露出しないように慎重に削るものです。

この為、歯を削って治療をしたのにまだ小さな虫歯が残っていて、歯が痛くなってしまうという事態が起こるのです。

神経は大丈夫と思っていたら神経もやられていた場合の歯痛

歯の治療は神経を取るかとらないかの判断が難しいらしく、歯医者さんによってはなるべく神経を残そうというつもりで治療をされる方もいるようです。

神経が無くなってしまうと歯の変色や強度的な問題が出てくるため、出来る事なら残しておきたいものですが、もし炎症があった場合は神経を含む周りの歯の組織を圧迫してしまうので、疼くような歯痛が引き起こされてしまいます。

治療後の被せものが合わなかった場合の歯痛

虫歯治療の処置として被せものをされる事がありますが、仮につける場合は高さがあっていない事も多く、それが原因で噛み合わせが悪くなり歯痛を引き起こす場合もあります。

この場合は被せものをはずしてもらったり高さを調整してもらう事で症状が改善されます。

一時的な痛みだった場合の歯痛

治療後に歯が痛くなるというのは別に珍しい事ではありません。症状が重い人ほど、治療後に歯痛を訴えるケースは少なくないのです。従いまして、一般的には1~2週間程度経過を見守るようになります。

もし、日を追うごとに痛みが激しくなったり、いつまで経っても症状が和らいでいかないような場合には再診再治療という事になります。


スポンサード リンク