大事な歯を守る為のプラークコントロール

[スポンサード リンク]

プラークとは歯の表面に付着していたり歯と歯の間に入り込んでいる黄色い歯垢のことで、食事をすると必ず歯についてしまう厄介なものです。

見た目に悪いのは明らかですが、何よりも問題となるのがプラークに含まれている目に見えない歯の病気の原因菌です。

プラークをつけたままにしておくと、やがて歯肉炎や歯槽膿漏などの歯周病や虫歯を引き起こす事になります。これを除去する為には毎日の丁寧なデンタルケアが重要です。

特に起床時や就寝前の丁寧なブラッシングは、貯まったプラークを落とす為には非常に効果的と言われています。

毎食後のブラッシングも出来れば行った方が良いのですが、その際には歯磨き粉のような研磨剤はつけずに軽めに磨くようにしましょう。やりすぎるとかえって歯を傷める原因となってしまいますので注意が必要です。

口腔洗浄剤で口をすすぐのも有効な方法ではありますが、歯医者さんに聞いてみた所、普通にお水で口をすすぐだけでも十分な効果は得られるそうです。

あとは甘いものを食べないことに気をつけたり、定期的な歯科治療を行うようにすると良いでしょう。

これらのような口腔トラブルを未然に防ぐプラークコントロール術を身につけられれば、主に対面での接客ビジネスにおいて大きく役立つ事になります。

口腔トラブルは自分だけの問題ではなく周りの人を不快な気持にさせてしまう恐れもありますので、現代人のマナーとしてプラークコントロールを心掛けていきたいものです。


スポンサード リンク