虫歯が原因で歯が痛くなる場合

[スポンサード リンク]

虫歯と言うものは、進行状況によって5段階に分類されます。

軽度 ← → 重度
C0 C1 C2 C3 C4

C0~C1までなら虫歯による歯の痛みはほとんど感じないかもしれませんが、C2以上になると歯がしみたり痛みを感じやすくなります。

それぞれの進行段階別の歯の状態は、以下のようになります。

C0段階

エナメル質が少し濁る程度で、見た目的には健康な歯そのものです。

C1段階

虫歯がエナメル質まででとどまっている状態です。エナメル質に神経は通っていないのですが、場合によっては歯がしみることもあります。

C2段階

虫歯が象牙質まで達した状態で、この段階まで来ると、虫歯と気づくような「痛み」や「歯がしみる」と言った事が起こりやすくなります。

C3段階

虫歯が歯の神経の歯髄まで達した状態で、歯が疼いたり熱が出たりなど、明らかに体に異常を知らせる反応が起こってきます。口臭もきつくなってきます。

C4段階

虫歯が進行しすぎて、歯と言える部分が無くなっている状態です。歯根の部分だけ残っているので痛みがなく、症状としては落ち着いている状態です。

虫歯は進行すればするほど治療に掛かる費用が高くなりますが、初期段階で治療すればふところ的痛み、肉体的痛みともに軽くて済みます。

それに、虫歯は放っておくと命の危険性まであるやっかいなものですので、鎮痛剤などでごまかさずに早く歯医者さんに診てもらって、適切な処置を行ってもらいましょう。

虫歯の概要

症状

主の症状は、ズキズキと歯が痛んだり、水やお湯を飲むと歯がしみたりします。また、頭痛や発熱などの別の症状を併発する事があります。

治療法

虫歯の部分を取り除いて詰め物をしたり、被せものをしたりします。状態が悪ければ抜歯をしてインプラントを行ったり、入れ歯を勧められる事もあります。

予防法

「食後の歯磨きが重要です!」と言いたいところですが、お医者さんによってはあまり効果がないと言う方もいらっしゃいます。むしろ、就寝前・起床後に歯磨きをすることの方が、虫歯予防としては有効との事です。

歯磨きの後はフッ素で口をゆすぐ事も効果的です。


スポンサード リンク