知覚過敏が原因で歯が痛くなる場合

[スポンサード リンク]

知覚過敏は、虫歯や歯周病などのハッキリした原因がないのに歯がしみる状態の事を言います。もちろん普通の健康的な歯の状態であれば歯がしみる事はありません。

しかし、普段はエナメル質に覆われているはずの象牙質が何らかの原因で露出してしまい、ブラッシングや飲み物を飲んだ時にそこが刺激されて歯がしみると言う事になるわけです。

エナメル質は体の中でもっとも硬い組織と言われていますが、激しいブラッシングや歯磨き粉に含まれる研磨剤によって徐々に削り取られていきます。

エナメル質には神経が無いので、失われていく過程で特に痛みというものを感じることはないでしょうが、歯が痛いと感じた時には既に象牙質が見えてしまっているのです。

電動歯ブラシで長時間歯を磨く方や、強力な歯磨き粉でしっかりと歯を磨く方は、知覚過敏になりやすいので気をつけるようにしましょう。

知覚過敏の概要

症状

熱いものや冷たいものを口に含んだ時に、歯がしみるような痛みが生じます。効果音で表すと、「ピキーン」や「ズキーン」のような感じです。

治療法

知覚過敏になっている部分に薬を塗ったり、むき出しになっている象牙質の部分が隠れるように被せものをしたりします。どうしても改善されない場合は、神経を取り除きます。

予防法

日々の正しいブラッシングが重要です。堅めのブラシよりも柔らかめのブラシで、優しく丁寧に磨きましょう。知覚過敏用の歯磨き粉を利用するのも有効です。


スポンサード リンク