歯髄炎・歯槽膿瘍が原因で歯が痛くなる場合

[スポンサード リンク]

歯髄炎(しずいえん)や歯槽膿瘍(しそうのうよう)は歯の根っこの病気と言われており、痛みとしては我慢できるようなものではない事が多いのが特徴的です。

歯髄炎は、普段見えているエナメル質の内側の象牙質という部分のさらに内側にある歯髄と言う部分が細菌に感染したり、歯科治療の際に使われた材料によって炎症を起こす事で歯髄炎となります。

歯槽膿瘍は、虫歯などにより歯の根っこの細菌が繁殖して、根っこの先端にできもののような膿瘍が出来る事で歯槽膿瘍になります。症状が重い場合は顔が腫れることもあります。

歯槽膿瘍とよく似たものに歯槽膿漏(しそうのうろう)がありますが、両者の違いは虫歯菌が歯を蝕んでいったもの(歯槽膿瘍)なのか、虫歯菌とは異なる別の細菌によって歯茎が炎症を起こしているもの(歯槽膿漏)なのかと言う事です。

歯髄炎の概要

症状

虫歯などと同じように歯がしみたり歯が痛くなったりするのですが、その度合いが我慢できないほど激しくなりやすいです。

一方で、痛みはない代わりに不快感や違和感を感じる様な事もあるようです。

治療法

薬物療法によって炎症を抑えたり、抜歯をして歯髄部分を除去したりします。

予防法

歯髄炎は虫歯が進行して発症する事が多いので、虫歯予防をする事が歯髄炎の予防にもなります。

歯槽膿瘍の概要

症状

歯茎が腫れて痛みを感じたり、歯のぐらつきを感じるようになります。症状が重くなると発熱があったり、顔が腫れて触れるだけでも痛みを感じるようになります。

治療法

歯の根っこの先まで薬を入れて治療する根管治療や、歯の神経を抜く抜髄を行って治します。

予防法

歯髄炎と同様に、虫歯の予防をすることで歯槽膿瘍の予防につながります。


スポンサード リンク