ストレスが原因で歯が痛くなる場合

[スポンサード リンク]

年金問題や介護保険料の問題、消費税の問題や地球環境の問題など、将来に希望を持つ方が難しくなるようなニュースが定期的に報道されています。

ただ生きている、それだけでストレスを感じてしまう現代人は珍しくはありません。そしてそのストレスが原因となり、虫歯でもないのに歯が痛みだすと言うケースも実際に起こっています。

私たちの歯は一見健康に見えていても、実は何かしらの問題を抱えている事も少なくありません。ちょっと体調が悪くなっただけでも、その問題が浮き彫りになる事もあるのです。

ですから、歯が痛くなって歯医者さんに診てもらっても、なぜか原因が特定できないというような時は、ストレスが原因となっているかもしれません。

ストレスが原因の睡眠不足で体の疲れが取れないときなどは、体の抵抗力が減退し、歯ぐきが腫れたりすることもあります。そしてその歯茎の腫れに伴って、歯が痛みだしていくというわけです。

ストレスの概要

症状

緊張してストレスを感じると、胃が痛くなったり、吐き気を催す事もあります。この他にも、肩こり、目のかすみ、目の疲れなど、様々な症状を引き起こします。

ストレス性の病気

ストレスで、うつ病、パニック障害、自律神経失調症、更年期障害、過敏性性腸症候群、不眠症、社会不安障害などの病気になる事があります。

治療法

抗うつ薬や抗不安薬などの投薬による治療や、カウンセリングなどで心のケアをすることも有効です。

予防法

嫌なことや不安な事から逃避して、楽しく自由に暮らすのが最も効果的な予防法であるとは思うのですが、残念ながら現実的ではありません。

また、自分が楽しくなる事ばかりしていると、それに慣れてきてだんだんと飽きてしまい、だんだんと何も興味が無くなってきてストレスとなってしまう事もあります。

やはり、適度に遊び、適度にストレスを感じる環境にいるというのが一番のストレス予防になるのではないでしょうか。


スポンサード リンク