頭痛が原因で歯が痛くなる場合

[スポンサード リンク]

一般的な頭痛は、グワングワンと頭が痛くなって少しけだるくなる場合がほとんどです。歯痛を伴う頭痛と言うのは、そのほとんどが通常の頭痛とは異なる痛み方になります。

例えば、頭から肩にかけて痛みが広がっていたり、突き抜けるような痛みがある時などです。

頭痛と併発して起こる歯痛の場合は、まず歯科で検査をしてもらう事が重要なのですが、原因不明と判断されることも少なくありません。その場合には、複数の診療科で受診することも検討していった方が良いでしょう。

頭痛の種類

緊張型頭痛

ストレスや疲れからくる頭痛で、「いつもの頭痛」と認識している方が多いです。

片頭痛

偏頭痛とも書きます。脈拍と連動してズキンズキンとなったり、頭の片側だけが痛くなったりします。太陽の光を目に受けた時に頭が痛くなると、片頭痛の可能性が高いようです。

群発頭痛

男性に多くみられる症状で、目の奥がえぐられるような強烈な痛みの頭痛です。痛みは1~2時間持続するそうで、発症する場合は決まった片側だけが痛くなるそうです。

二日酔いの頭痛

アルコール飲料の飲み過ぎが原因で起こる頭痛の事を言います。

頭痛の概要

症状

頭部が痛くなる症状の内、外的な痛みではなく内的な痛みのものを言います。誰がなっても何らおかしくはない、ありふれた症状です。

治療法

頭痛の症状によりけりですが、薬を服用する場合がほとんどです。また、規則正しい生活習慣にすることも重要です。

事情があってやむを得ない場合などでも、出来る限り配慮した生活になるよう努力していきましょう。

予防法

便通が良くなるような食事や軽い運動、疲れを癒す為の入浴や適度な睡眠など、毎日の健康的な生活がそのまま頭痛の予防となります。


スポンサード リンク