蓄膿症と歯痛の関係

[スポンサード リンク]

蓄膿症が原因で歯が痛くなる場合

蓄膿症は、鼻のあたりにある副鼻腔と言う空洞に膿が貯まることで症状があらわれます。

そして、その膿があまりにも貯まりすぎると、周りにある神経を刺激し、それがもととなって歯痛を引き起こす場合もあります。この場合は、まず蓄膿症を治すことから始めた方が良いでしょう。

歯痛が原因で蓄膿症になる場合

歯痛になる原因は様々ありますが、特に虫歯が原因の歯痛の場合には蓄膿症の併発も注意しなければなりません。というのも、歯と繋がっている上あごの骨は鼻とも隣接している為です。

蓄膿症になる順序としては、【虫歯→上あごの炎症→鼻の辺りの炎症→蓄膿症】というようになり、歯痛と蓄膿症以外にも実際には色々なところで炎症が起こっています。

虫歯は放っておくと大惨事になりやすいので、早めの治療が重要です。

蓄膿症の概要

症状

鼻水が自分の意思とは無関係に垂れてきたり、鼻づまりになって息をするのがつらくなります。鼻水の色が変わったり、鼻から異臭がしたりもします。症状がひどい場合には、蓄えられた膿が原因で頭痛を引き起こす事もあります。

治療法

症状が軽度~中度程度であれば、主に薬物療法や局所療法での治療となります。重度の場合は手術をすることもあります。

事情があってやむを得ない場合などでも、出来る限り配慮した生活になるよう努力していきましょう。

予防法

雑菌予防の為のうがい・手洗いはもちろん、日々の健康状態を保つ為の正しい食生活にも気をつけましょう。虫歯がある方は、歯医者さんで治療をするというのも忘れずに行って下さい。


スポンサード リンク