疲労が原因で歯が痛くなる場合

[スポンサード リンク]

体に疲れが貯まっていたり、寝不足や栄養失調、何かの病気にかかっていたりする時に体の抵抗力が弱くなり、それが原因で歯が痛くなる事があります。

症状としては、歯が浮いたような感覚やチクチクした痛み、ひどい方だと激痛を感じる事もあります。

元々虫歯の原因菌などが口腔内に潜んでいるような方は、元気な時には体がその活動を抑えて痛みをごまかしているのですが、疲労で体の抵抗力が弱まると菌が活発に動き出し、ごまかしが効かなくなってくるのです。

疲労は他にも様々な病気の原因となりますので、疲れを取るという事は生きていくうえで非常に重要な事なのです。

疲労の概要

症状

だるさややる気の無さ、うつ病や更年期障害など、気力が無くなったりちょっとした事でイライラしてしまう事があります。貧血やめまい、立ちくらみや頭痛になる事もあります。

睡眠時には、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高まる無呼吸症候群を引き起こす事もあります。

回復法

睡眠を取る事が一番の回復方法です。人は、生きている時間の多くを寝具の上で過ごします。従いまして、ベッド、敷布団、枕などは自分の体にフィットする良いものを使うべきなのです。なるべくなら少し高いくらいの良い素材のものを使うようにしましょう。

お風呂に入る事も疲れを取るには効果的です。たまには温泉旅行などで疲れをいやしてみてはいかがでしょうか?

予防法

回復法でも紹介しているように、適度な睡眠を取って体を休める事が一番ですが、その他にも普段の食生活では足りない栄養素をサプリメントで補ったり、栄養面も気をつけるようにしましょう。


スポンサード リンク