肩こりが原因で歯が痛くなる場合

[スポンサード リンク]

肩こりになる人と言うのは、その大半が姿勢の悪さからきています。姿勢が悪い方は、背骨が曲がっていたり、頭が肩よりも前に出ていたりしていますね。

この体勢と言うのは、実は首や肩にとってかなりの負担になっているのです。というのも、成人の頭の重さは約4キロもあり、頭が変な方向に傾いていると重心がずれ、これを首や肩の筋肉などで支えているからです。

そして、歯の周りにある筋肉も首や肩の筋肉と繋がっていますので、肩こりになると歯にも影響してくると言う訳です。

肩こりの概要

症状

主に、肩に重みを感じたり、肩に張りを感じたりします。神経からくる肩こりの場合は、首が締め付けられるような感じがする場合もあります。

治療法

肩こりの原因になるものは様々ありますので、まずは病院で診察を受ける事をオススメします。

ただ単に姿勢の悪さが肩こりの原因となっている場合であれば、首に負担をかけないような正しい姿勢を指導されると思います。

もし原因が姿勢以外にあった場合には、その原因に応じた治療を行っていきましょう。

予防法

普段から正しい姿勢を心掛けることが重要です。ストレッチや体操なども手軽にできる予防法ですので、習慣づけておくと良いでしょう。

また、近年では携帯電話や携帯ゲーム機など、下を向いて操作する機器が原因で肩こりを引き起こすと言う例もあります。

長時間下を向く行為は夢中になってしまうと気がつきにくいものですので、普段から注意しておきましょう。


スポンサード リンク