噛み合わせが原因で歯が痛くなる場合

[スポンサード リンク]

虫歯の治療などで歯に被せものをしたり、歯を矯正することで噛み合わせが変わってしまうと、ある一部分のかみ合わせだけが強くなり、歯痛を引き起こす原因になると言われています。

この歯痛は噛み合わせを正しくする事で改善できるのですが、放っておくと歯周病などの別の病気の原因にもなりますので、早めに治療を行うようにしましょう。

乳歯から永久歯に生え変わる園児~中学生の頃は、無意識のうちに歯が抜けたところでは噛まないようにしてしまうので、そこで変な癖がついてしまうと、永久歯が生えても偏った噛み方になってしまうので注意が必要です。

噛み合わせの概要

噛み合わせが悪い人の癖

食事をするときに無意識のうちに片方の歯で食べる、ものを噛む動作がぎこちない、テレビの方を振り向きながら食事をするなどです。

心当たりのある方は、一度歯医者さんで診てもらう事をオススメします。

治療法

歯列矯正は有効ですが、治療費が高額になる場合がほとんどです。歯を削って噛み合わせを調整する治療法もありますが、失敗談は少なくありません。

信頼できる歯医者さんを見つけて、適切な治療を提案してもらうようにしましょう。

予防法

顎のゆがみと姿勢のゆがみは連動していますので、普段から正しい姿勢を意識して生活するようにしましょう。

行儀の良い人や上品な人を参考にすると、どのような行動をすればいいかが見えてくると思います。


スポンサード リンク